元寇で怖いのは神風でも、火薬でもなく鎌倉武士団

スナイパー

どうも、ダルです。

みなさん「元寇」についてどのように習ったでしょうか?ひと昔前までは、神風のおかげでの勝利。「モンゴル軍は強かったけど台風のおかげでなんとか耐えられた!」的な扱いであったかと思います。

それこそ戦前なんかはプロパガンダに使われたほどですね。

しかし、最近では神風ではなく実力で勝ったという風に習うのではないでしょうか。もちろん最終的なとどめに台風が一役買ったのは変わりありませんが、それまでに確実に追い詰めていたというニュアンスの違いですね。

ということで今回は元寇について、そして鎌倉武士団の恐ろしさについてです!

スポンサーリンク

元寇とは?元が攻めてくるまで

まずは元寇について簡単におさらいです。今の中国にあったモンゴル人の国が「元」という国。騎馬民族ならではの強さ・速さで圧倒的なスピードで西は東欧まで勢力を拡大し大帝国となりました。

モンゴル騎馬

この拡大するなかで元は1266年に日本に使者と共に「国書」を送ります。

「天に認められたモンゴル帝国から日本国へ

 我が国は絶賛勢力拡大中です。高麗もうちの傘下になりました。そういえば日本は高麗と仲良かったよね?中国とも貿易してたかと思うんやけど。

なのにどうして手紙の一通もよこさないの?国交をもとうとしないの?あ、もしかして知らんかった?島根にパソコンないぐらいやもんな、知らんかった可能性あるよね。

知らんとか困るからこの国書送るわ、以後お見知りおきを。

ということで、日本とモンゴルは貿易しよう。仲良くさ!モンゴルでは全部の国を家族やと思ってるからモンゴルのことを父やと思ってくれたらいいからね。

このことがわからんって言うならこっちとしても軍を送らせてもらうわけになるんやが、それはこちらとしても本意ではないんですわ。わかりますよね?お返事お待ちしてます。」

なにこのジャイアニズム。

交易しようぜ!とか言いながらめちゃくちゃ見下してます。挙句言う事を効かない場合は派兵するからと脅してきています。

朝廷なんかはこの上から目線国書にブチ切れだったようですが、これに対し鎌倉幕府は無視を決め込みます。その後何度も使者が訪れますがガン無視。お互い着々と裏では軍備を整えていきます。

ちなみに送られてきた国書への返事の草案は

「は?誰やねんお前。そんな国聞いたことないぞ。お前のことなんかなんとも思ってないのに急に武力に訴えんの?神経疑うわ。こっちは神の国や、争うとか以前の問題やからな?よう考えや?」

これ、送ってたらめちゃくちゃ怒らせてたでしょうね…。

なぜわざわざ日本海を越えてまで攻めるのか

日本海を渡るということは至難の業です。かつて日本に渡ろうと何度も試みてついには失明してしまった「鑑真」のような例もあります。

鑑真の時代とは違うと言ってもそうやすやすと渡ってこれる環境ではなかったでしょう。ではなぜ資源を費やしてまで遥々日本を攻めたかったのか?

  1. 大量流通していた金
  2. 南宋への補給を断つ
  3. 捕虜の厄介払い

この三つが要因とよく言われます。

当時の日本には大量の金が流通していました。金鉱が生きていたウハウハのバブル時代で、その噂は大陸にも届いていたのです。

金塊

そして補給線。当時、「南宋」という中国王朝が元と戦っていました。武力では元の方が圧倒的でしたが、厄介な地形で決定打に欠ける状況でした。そこで南宋と貿易していた日本を叩くことで打撃を加えようと考えたようです。

最後に捕虜ですが、世界的に戦いを仕掛けていた元には多くの捕虜がいました。従属させた高麗や戦闘中の南宋などの捕虜を養うには膨大なお金と食料などが必要です。

「捕虜に飯食わせるのもキツイなあ…。しかもドンドコ増えよるしどないしたもんか。そうだ、戦場に行かせよう。」

という酷い理由で高麗・南宋の人々は日本に送りこまれます。こういった混合編成のため正規兵でないと言われがちですが、モンゴル人は数が少ないのでこれが一般的な編成であったようです。

しかし、実際に攻め込んで来る頃には南宋との戦いは一定の戦果をあげていたようなので、実質は1と3が要因でしょうか?

使者を無視された事でメンツを保つため、移民を進めるため、金ではなく火薬の材料となる硫黄が目的だったなど様々な説があるもよう。真実はどれなのでしょう。

それにしても今も昔も中国には人が多かったようですね。

九州での初戦・文永の役

使者を無視しつづけた結果、ついにブチ切れフビライ・ハーン。日本への侵攻を開始しします。

フビライ・ハン

約900隻で約26,000人もの兵士が日本へ向かいます。九州への途中にある「対馬・壱岐」では地獄絵図が…。男性は皆殺しにされ女性は手のひらに紐を通され矢よけのために船のふちに並ばされたのだとか。モンゴル怖え…。

ですがそれより怖いのが鎌倉武士団。この対馬・壱岐での様子を伺っていたという説があります。つまりこの二つの島を捨て駒にして戦法や軍勢を推し量っていたというのです。

そんなことはつゆ知らず?意気揚々と博多に上陸する元軍。そこには待ち構える鎌倉武士団。

  • 元軍「え?なんでこいつら居るの?」
  • 武士団「よっす!結構前から待ち構えてたぜ。関東から遥々やって来たやつらもおるで。首、首を寄越せ、その首と引き換えに恩賞ゲットや!」

執権・北条時宗は元軍に好き放題させるほど甘い男ではなかったようで、侵攻を読んでそれなりに準備は整えていたようです。

よく「やあ、やあ我こそは……」と名乗っている間にやられた兵がいたという話がありますがそんなことはせずバリバリ集団で攻め込んでいたよう。人質なんてお構いなしにバリバリ攻め込んでいたよう。

元側の記録にも「兵杖には弓刀甲あり、しかして戈矛無し。騎兵は結束す。」という記述があり、「兵隊は弓と刀を装備していて鎧を着込んでいる。騎兵は集団戦法で連携してくる。」と書かれているわけですね。

子供の頃から外国人相手に名乗ってたら隙だらけなのに…と疑問でしたが、対馬・壱岐が威力偵察だったとすると名乗らなかった方が自然ではないでしょうか。

この頃の和弓はモンゴルの弓よりも射程が短かったそうなので、名乗ってたらハチの巣でしょう。

ちなみに弓って威力がいまいちピンときませんが、和弓は数十メートル先のフライパンをブチ抜くほど貫通力があるようです。盾なんてお構いなしの威力…。

モンゴル軍は思いのほか苦戦、てつはうもいまいち…

日本海

バッチリ待ち構えられていることで図らずとも背水の陣になってしまったモンゴル軍。島国ってやっぱり天然の要塞です。

元軍の記録では「人は則ち勇敢にして、死をみることを畏れず」とあります。「あいつら勇敢すぎ、死ぬのを恐れてない、ヤバい」と記されていますから苦戦したもよう。

戦意を削ろうと大将の首を振りかざすと、取り返そうと一層勢いよく攻め込んできたというので元軍も恐れたのだとか。

首を弔うためにも取り返さないと…って気持ちはわかりますが、元には理解不能だったことでしょう。鎌倉武士団マジ蛮勇。

射程ではモンゴルの装備の方が勝るものの、威力と防御力そして蛮勇さでは武士が勝っていたようです。

また、「てつはう」という火薬が炸裂する手榴弾的なもので苦戦したと教科書では習いましたが、どうやらてつはうは撤退用の武器だったとも。

追撃してくる敵に向かって投げることで足止めするものですね。これは一定の効果があったようです。「馬」には。

鎌倉武士団は馬を置いてお構いなしで突っ込んできたのだとか…。

蒙古襲来絵詞

この有名な絵巻ではさも苦戦しているように見えますが左側の兵はおもっきり逃げてます。盾ごと射抜かれたりしているので和弓の威力がわかります。

しかし、反撃している三人のモンゴル兵とてつはうだけ絵のタッチが違うので、書き足されたものではないかと言われています。

  • 竹崎季長「頑張った証拠に絵巻描かせたけどほんまの事だけやったら余裕っぽいよなあ…。どないしよっかな。」
  • 部下A「せやったら、苦戦感だしたらええんちゃいます?悟空来るまで持ちこたえてるクリリンとか頑張ってる感じしますやん。」
  • 部下B「このへん空いてますし描き足しましょ!」

こんな感じです、きっと。

そんなこんなで戦いは一週間ほど続きますが、ここでついにやってきます「神風」が。

九州未体験なのでよくわかりませんが、11月の玄界灘って大荒れだそうですね。そんな場所に一週間も停泊していたモンゴル軍。海が荒れ狂うので撤退します。

当然と言えば当然ですね、時期と場所が悪いです。寒冷前線がとどめになったわけですが…、内陸まで上陸できなかった時点でこれ以上滞在していても消耗戦だったでしょう。

本気のモンゴル大軍VS万全の鎌倉武士団、弘安の役

南宋との戦いに勝利した元は、再び日本侵攻を計画します。まず使者を送り込みますが、なぜか帰ってこない…。

スパイ

前回、使者を無視して帰らせたばっかりに堂々とスパイさせてしまっており、地形などのデータが流れていたよう。今回はそうさせないように幕府は使者をことごとく切り捨てました。

斬首の知らせが元に届いてからしばらくして、二度目の遠征が行われます。征服した南宋の兵を従え前回の3万より遥かに多い14万の軍勢を日本へ遠征させます。

東路軍と江南軍の二手で

今回は東路軍4万、江南軍10万の二手に分かれた遠征となりました。

まず日本へ到着したのは東路軍。

九州へと近づくと、そこにはびっしりと張り巡らせた防塁が!完全に準備万端で迎えうった鎌倉武士団。こんなとこに派遣させられるなんてやってられませんね。

元寇防塁

  • 元軍「二回目の遠征は数が違うぞー!!今度こそやっつける!」
  • 鎌倉武士団「「「「「こっちこそ今度こそ叩きのめしたるわあああ」」」」
  • 元軍「へ?」
  • 鎌倉武士団「前回開催から時間あったんでね、せっかくやから海岸線に防塁張り巡らせたわ。軍も配置完了して準備万端☆」

あれからいつ攻め込まれてもいいように幕府は博多・大宰府の防衛に力をいれていました。海岸線にはびっちりと延々と続く防塁が築かれ、武士団を配置しています。

ざっくりと説明すると、2メートルを越す壁の上に鎌倉武士団が陣取っています。そこへ向かうには足止めのトラップを回避していく必要が、しかし上からは容赦なく矢の雨。加えて弓は改良され射程距離はupしています。

そんな所に近づける訳もなく、後退を余儀なくされる元軍。

鎧武者

大人しくそれを見届けるわけもなく、後退する元軍に鎌倉武士団の夜襲祭りが始まります。夜襲しまくって元軍を眠らせなかっただけでなく牛馬の死体をほりこむプレゼントつき。

時期は夏ごろでしたから絶大な威力を発揮する生物兵器だったでしょう。夜襲だけでなくバイオテロまでされちゃボロボロです。

しかも夜襲時に海に落とされても平然と船上に上がってきたのだとか。いくら古式泳法でも鎧着て船に上がれるものですかね…内陸育ちのモンゴル人でなくとも恐ろしい光景です。昔の人は凄かった。

  • 東路軍「早く、早く来てくれーー江南軍んんんん」

そんな願いも虚しく江南軍は一向に来ません、やっと合流したと思ったら江南軍もボロボロでした。なぜなら江南軍が通ってきたのは鑑真が失明したルート。無事に合流できただけでもハッピーです。

そして神風に

日本海

博多どころか満足に上陸することもできないまま船に缶詰め状態、バイオテロにより疫病が蔓延する中やっと東路軍は江南軍と旧暦の7月に合流を果たします。

7月???そう、このタイミングで例年通り台風が来ます。沖に停泊した船が無事で済むわけもなく多くの死者が。この惨状を見て指揮官たちは10万の兵を見殺しにそそくさと逃亡。

残存兵は撤退用の船を建造するために「鷹島」へ立てこもります。そこに掃討作戦をかける鎌倉武士団。

疲労困憊、武器・食料不足、疫病、指揮官不在の元軍は総崩れに。鷹島には血崎、血浦、刀の元、胴代、死浦、地獄谷といった地名が残されることとなりました。2万人ほどの投降兵が奴隷になり、それ以外は戦死・処刑だったようです。

かくして元寇は日本側の圧勝で幕を閉じます。

「神風」は来るべくして来ただけで、台風がなくとも武士たちは強かったようです。強いて言うなら日本海最強ということでしょうか。

鎌倉武士団に喧嘩売るような人生は送りたくないですね、攻め込む側が不憫に思われる戦いもそうそうないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする