モンゴル帝国はなぜ急速に拡大することができたのか

フビライ・ハン

どうも、ダルです。

前回に続きモンゴル帝国のお話です。

元は当時大陸最強の軍隊を誇り、その圧倒的な軍事力で瞬く間にユーラシア大陸の国々を征服していきました。パクス・モンゴリカ(モンゴルの平和)という一世紀にわたる平和を軍事力によりもたらしたほどにその強さは圧倒的でした。

しかし、なぜいち民族でしかなかったモンゴル人がこれほどまでの大帝国を築くことが可能だったのでしょうか。

今回はモンゴル帝国の強さについてです。

スポンサーリンク

元の強力な軍事力と支配

元は騎馬民族特有の機動力と攻撃力で世界を震撼させました。青く塗られた地域はモンゴルの支配下になった場所です。最盛期には陸地の25%を支配したというのですからスケールが違いますね。

モンゴル帝国の版図

少数民族であるモンゴル人がなぜこれほどまでに領土を広げることができたのでしょう?

騎馬民族は常に戦闘訓練を受けている民族

この時代に騎乗できることはさして珍しいことではなかったでしょう。しかし、子供の頃から馬を乗りこなし狩猟によって戦術を学んでいたような民族はごく少数です。

このアドバンテージはとても大きなものです。現代人からすると流鏑馬はとてもじゃないですができるようなものではありません。凄いと感心するばかりです!流鏑馬

しかしモンゴル人はああいった馬上での戦闘行為が日常レベルで当たり前で、片手・両手を離しての騎乗ができて当然でした。剣は当然で弓まで容易く撃ってくるのですから脅威だったことでしょう。

多くの国で軽装騎兵は貴重であったのに対し、モンゴルなど遊牧民は民族全てが騎兵なのです。国民全てが戦車に乗れるようなものですから、相当な戦力になります。

ただのバラバラの部族単位の民族が攻め込んで来るだけでも歴代の中華王朝にとっては脅威でした。

万里の長城を築き、物理的に侵攻を防がなければ止められないほどの強さだったことが伺えます。どれだけの覇王でも従えられなかったのが遊牧民です。

万里の長城

遊牧民が強すぎて壁を築くことが精一杯

そんな強力な民族が国家単位となったのがモンゴル帝国ですから、恐ろしいことこの上ないでしょう。

遊牧民は「馬上で生まれ、馬上で死す」と言われるほど馬と密接で、3歳には馬に乗れるようになるのだとか。遊牧という移動の多いライフスタイルのため、馬上で食事も睡眠も行いまさに「人馬一体」となる民族です。

わざわざ馬に乗って戦闘訓練をするような他の民族では手も足もでないのも当然と思える存在です。高地に住む人が自然と肺が強くなるように、自然と騎兵が育つ環境にあったというわけです。

遊牧民族の十八番「パルティアンショット」

弓騎兵という貴重な兵科を大量に運用できるだけでも大変なアドバンテージなのですが、モンゴル軍はそれだけではありません。

モンゴル人は遊牧民族特有の必殺技である「パルティアンショット」が得意技でした。

これは写真のように振り返りながら弓を撃つ技術が肝心なのですが、騎馬の機動力を最大限に活かす戦術でもあります。

パルティアンショットの基本は

  • 敵と向かい合ったらまず逃げる
  • 追いかけてきたところを振り向きざまに一斉射撃
  • 敵の陣形が崩れたら騎馬で突撃
  • 相手が怯んだ隙に一斉射撃
  • 追いかけてきたらまた一斉射撃(以下ループ)

という鬼畜戦術です。自分たちの強みをわかっている割り切った戦い方ですね。

モンゴル弓騎兵は徹底的に白兵戦を避け、敵と一定の距離を保ち続けます。

ヒット&アウェイを続けるので、敵は一歩的に削られるのに対してモンゴル軍は無傷です。そのため連戦続きでも休息さえとればバッチリ戦えちゃいます。

また、ベテランの兵士を無駄に失わないという利点もあります。熟練の兵でなくては連携やタイミングが肝心のパルティアンショットを行えなかったようです。

部族をローマ風の軍隊へと編成

これまでのことはモンゴルだけでなく匈奴や突厥といった他の騎馬民族も用い、各国の脅威となったものです。しかし、どれも瓦解しています。

それは彼らが遊牧民であることが原因なのですが、彼らは定住していないので家族・部族単位が基本です。強力な指導者が表れてもその影響力が弱まると元のバラバラの民族に戻ってしまうのです。

そんな歴史からチンギス・ハンは部族を解体し、十人、百人、千人、万人の部隊に編成しなおしローマのような軍隊を作り上げ、モンゴルという一つの枠組みに仕立て直しました。

モンゴル

これが他の騎馬民族とモンゴルの最大の違いと言っても過言ではないでしょうか。

イスラム・中国文明の利器の活用

さらにモンゴルが秀でていたのは、他の民族を活用していたことです。彼らが圧倒的に強くとも民族としては少数です。数の優位には敵いません。

そこでモンゴル帝国では積極的に、イスラムや中国といった当時の最先端国家から技術者などを登用していました。

そのおかげで騎兵が苦手とする攻城戦もお手の物。

  • 敵兵「よーし、城までたどり着いた籠城して援軍を待とう」
  • モンゴル「どーん!どーん!石どーん!!兵器すげえ!」
  • 敵兵「カタパルトでなんか撃ってきてるぞ、騎馬民族が!?」
  • ムスリム「私が教えました(*^^)v」
  • 敵兵「くそおおおおおおおおお」
カタパルト

投石する攻城兵器カタパルト

本来苦手な攻城戦も克服されちゃ敵いませんね…。

他にも中国の火薬なども取り入れており、火薬を詰めた弾を投石器で打ち込み混乱しているところを騎兵が縦横無尽に暴れるという戦法で戦果を挙げています。

巧みな心理戦

のぞき見猫

ここまでの流れだと相当な脳筋民族のように感じますが、心理戦を行うしたたかさもあったようです。

元寇の時もそうでしたが、以外にもしっかりと敵の下調べをします。いわゆるスパイを送り込んで敵情視察をするのです。

この諜報活動により敵方の内情も調べています。その情報から、敵の一部に対して取り込みを計ったり、中立を勧めたりといった調略を行っていたもよう。悪よのぉ。

モンゴルの残虐さを表した「降伏するか皆殺しか」というのも、その後の征服をしやすくするために意図的に自分たちで流布したという説もあるようです。恐怖心を植え付けておけば反抗しないであろうという考えでしょうか。

このような今までの騎馬民族にはない強さで、ぺルシャや中国といった文明的な国を支配することに成功しました。

ヨーロッパの危機、ワールシュタットの戦い

こうしたモンゴル軍の強さを如実に表したのが「ワールシュタットの戦い」です。

連戦連勝で侵略を続けるモンゴル帝国はユーラシア大陸を横断し、ついにヨーロッパへたどり着きます。中央アジア→インド→西アジア→…と順に勢力を伸ばし、いよいよヨーロッパの東端であるポーランドへ侵攻を始めます。ユーラシア大陸の端から端までたどり着いたわけです。

この頃ヨーロッパではキリスト教内のゴタゴタがあり、ポーランドからの救援要請は無視されやむなくポーランドは孤軍奮闘で戦わざるを得ませんでした。

それでもなんとかボヘミアと、テンプル騎士団・聖ヨハネ騎士団の混成軍を合わせた2万5千人の兵を集めます。対するモンゴル軍は2万。数では優位なポーランド軍。

ワールシュタット

ワールシュタットの戦い、左の弓を持っているのがモンゴル

しかし、数では覆せない致命的な欠点が当時のヨーロッパにはありました。それは基本戦術が「槍を持った騎兵による中央突破」であるということ。

こんなにパルティアンショットを決めやすい状況はありません。勝手に突っ込んでくるのですから、退きながら矢を浴びせ、戦線が崩れたら突撃して…を繰り返せばいいのです。

  • ポーランド軍「蛮族め!討ち取ってくれるわ!全軍突撃ィィィィィ!」
  • モンゴル軍「お?来たぞ。はい退け~よし崩れた突撃ー、もっかい退いて~」
  • ポ「くっそあたらへんやん!この逃げるな!こいy」
  • モ「パルティアンショット成功~♪」

ヨーロッパの軍隊と言えば騎兵が主力のイメージがあります。それでも騎馬民族ほど熟練の騎兵を揃えることはできません。

しかも、弓兵は歩兵部隊でした。馬上から射かけてくる敵にまともに当てられるわけもなく機動力に翻弄されます。弓の性能に大差はなくとも扱う弓兵に明確な差がありました。

固定砲台で戦車と戦うようなものでしょうか?

ポーランド軍はなすすべなく叩き潰され、ワールシュタット(死の山)の戦いと呼ばれました。普通は地名などを付けるものですから、どれほどの戦いだったかがよくわかります。

本国で皇帝が亡くなったため、踵を返しましたがなにごともなかったらウィーンから更に西へ西へと侵攻していたことでしょう。

  • モンゴル兵「伝令!オゴタイ様がご逝去」
  • バトゥ「なに!?こんな大陸の端っこで遊んでる場合やない。急いで帰るぞ!」
  • ヨーロッパ人「なんかわからんけど助かったああ」

ヨーロッパからすると大事件なのに対し、モンゴルからするといつも通りに勝った戦いの一つに過ぎないというのがなんとも言い難い差を感じさせます。

ユーラシア大陸で戦っちゃダメ

平原

いかにモンゴル軍が強大であったのかがわかります。火器が発達するまでは遊牧民を抑える手立ては皆無でした。

苦手な攻城戦なども兵器で対処するモンゴル軍に大陸で戦うのは無謀です。

ユーラシア大陸以外の、騎兵が十分に力を発揮できない土地でなければ勝ち目はありません。日本やジャワなどは海・山のおかげで侵略されなかった部分が大きいでしょう。

ユーラシア大陸でモンゴル軍と正面から対峙するのは控えましょう。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村