スポンサーリンク
漫画

ワールドトリガーの集団戦が面白い!読み返したくなるSF漫画の魅力

ワールドトリガーは読めば読むほど、読み返したくなるスルメ漫画。公式企画として行われたキャッチコピー募集で『遅効性SF』が大賞に選ばれたほど、物語が進むたびに今までの描写が響いてくる作品です。「あの発言はこういう意味だったのか!」「あの動きにはこんな意図があったの!?」と後から驚いて読み返したくなる。脳内麻薬がドバドバ出るジャンキーな漫画です。そんなワールドトリガーの魅力を紹介します。
考察

歴史上の偉人の意外な最期|なんでそんな珍しい死に方をしたの?変わった死因

ドラマチックで後世の我々が憧れるような死に方をした偉人もいれば、反対に「え、なんで?」って最期を迎えた人もいます。 この記事では歴史上の偉人の「なんでそんな珍しい死に方をしたの?」という変わった死因を紹介します。
漫画

呪術廻戦|領域展開の名前に込められた意味とは?漢字・言葉から考察

呪術廻戦の領域展開。漢字の羅列はただ語感が良くてかっこいいだけではありません。領域展開の言葉・漢字にはキャラ性を色濃く表す意味が込められています。領域展開の名前について、漢字や言葉からその意味を考察してみました。
漫画

【呪術廻戦】偽夏油の正体は特級呪術師?キャラの名前に含まれる植物の花言葉に隠された意味を考察

呪術廻戦のキャラ名に込められた意味を「花言葉」から考察。伏黒の姉「伏黒津美紀」の背景に描かれていた”百合の花言葉”について、わざわざ説明が書かれていました。呪術廻戦のキャラクターの名前に含まれる植物の花言葉が、そのキャラと合致するかを考察すると、偽夏油の正体が朧気に浮かび上がってきました。
漫画

【呪術廻戦】虎杖のイメージソングに隠されたこれからの展開!虎杖の復活と秘密を考察

渋谷事変が発生してからハラハラする展開ばかりで毎週心臓に過負荷がかかっていますが、展開を経るごとにキャラに背負わされた運命のようなものが、作者自身が公言したキャラごとのイメージソング通りになっているなと感じています。この記事では虎杖のイメージソングの歌詞とストーリーとの関連性を考察してみます。
文房具

リングノートは書きにくい?無印良品の「ノート型はがせるルーズリーフ」なら大丈夫

リングノートの普遍的な悩み「リングが邪魔で書きにくい」問題。この悩みは時代遅れかもしれません。今回は平に開くことができるのに、リングがない無印良品の「ノート型はがせるルーズリーフ」を紹介します。
文房具

【手汗マンが選ぶ】手汗でノートが濡れる人におすすめのノート・ルーズリーフ3選

手汗でノートがふやけて書けなくなる人におすすめの手汗をかきにくい・かいても大丈夫なノートを紹介します。
文房具

手汗でノートが濡れる人にはコクヨの「ルーズリーフさらさら書けるタイプ」がおすすめ

手汗でノートが濡れて書けない、端が反り返る、手と紙がくっつくという方には、コクヨのルーズリーフさらさらタイプがおすすめ!
戦国時代

戦国時代最強の軍団は武田騎馬軍団でも鉄砲隊でもなく農民

戦国時代最強の軍団と言えば武田騎馬軍団?それとも織田鉄砲隊でしょうか?様々な意見があることでしょう。その候補に含まれる意外な勢力それが「農民」です。農民はただ戦に巻き込まれる弱い人々ではありませんでした。落ち武者狩りや一揆は大きな脅威だったからです。農民の強さを紹介します。
戦国時代

火縄銃伝来後もなぜ弓は使用され続けたのか?銃と弓の関係性を解説

弓は前時代的武器で、火縄銃が伝来すればしだいにお役御免で廃れていったとイメージしがちですが実際はそうではありません。銃は弓の上位互換の存在ではなくむしろ欠点を補いあう関係でした。なぜ火縄銃が誕生してなお弓が重宝されたのかその理由に迫ります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました