スポンサーリンク
考察

まだ暗記してるの?歴史が苦手な人に歴オタが伝えたい4つの勉強法

突然ですが歴史って難しくないですか?過去に誰がなにをどうしたのかなんて1ミリも興味ねえよって人も多いと思います。 日本史・世界史ひっくるめて歴史が苦手だという人は、世の中多くいますよね。 今回は頑張っても全然覚えられない、テストに反映されないって悩んでいる方に向けておすすめの勉強法を紹介します。
戦国時代

なぜ切腹は日本武士の名誉になったのか?はじまりの歴史

切腹がある種文化にまでなったのは日本ぐらいではないでしょうか。 日本の珍しさは切腹という死に方に作法が設けられ、体系化されたことにあります。 では、なぜ切腹はわざわざ作法ができるほどに、「名誉な死」となったのでしょうか?
戦国時代

魔王信長の由来は武田信玄への皮肉だった?第六天魔王の意味

織田信長といえば魔王、第六天魔王などと呼ばれ様々な創作物でも魔王と呼ばれたり自身で名乗ったりしています。ではなぜ信長は魔王と呼ばれるのでしょうか。冷酷だから?残酷だから?いいえ、違います。織田信長が第六天魔王と呼ばれる理由をご紹介します。
平安時代

鬼も真っ青?大江山の酒呑童子を斬った源頼光と四天王

大江山に住まう酒呑童子・茨木童子を討伐したこと源頼光とその配下の頼光四天王。鬼を斬った名刀「童子切安綱」は今でも現存しています。そんな鬼たちと渡辺綱はじめ頼光四天王との戦いとは。
戦国時代

大阪城をはじめ日本の城に仕掛けられた防衛機構

お城ってなんだかすんなり入って、ちゃちゃっと落とせそうな感じがしません?しかしお城の構造や仕掛けがわかるとそんな気はなくなります。実は日本のお城の防衛機構は凄くて攻めるなんてとんでもない!という話です。
モンゴル帝国

無敵の騎馬軍団を倒すには?騎兵の攻略方法を考えよう

騎兵、特に騎馬民族は近代に入るまで…つまり火器が一般的になるまでは間違いなく最強でした。そんな騎馬民族の強さについて書いてきました。しかし、実際にはどこでも無敵だったわけではありません。弱点も勿論あります。今回は最強と名高い騎兵の攻略方法を考えたいと思います。
モンゴル帝国

モンゴル帝国とベトナムの戦い、侵攻する元を退けた国

モンゴル帝国は瞬く間にユーラシア大陸を制覇し、様々な国を亡ぼしていきました。その圧倒的な戦力で史上最も大きな帝国を築きます。破竹の勢いでのし上がったモンゴル帝国ですが、攻略できずに諦めた国もありました。日本もその中の一つです。世界には陸続きであったにも関わらず退けた国があります。それが現在のベトナム。
モンゴル帝国

モンゴル帝国はなぜ急速に拡大することができたのか

少数民族のモンゴル人がなぜモンゴル帝国のような広大で強力な国家を築けたのでしょう?なぜ急速に拡大することができたのかその強さの秘密にせまります。騎馬民族特有のパルティアンショットなどによる連戦連勝ぶりと、進んだ文明を取り込もうとする貪欲さが彼らを大帝国へ押し上げた要因です。
日本史

元寇で怖いのは神風でも、火薬でもなく鎌倉武士団

「元寇」は神風のおかげでの勝利は嘘。「モンゴル軍は強かったけど台風のおかげでなんとか耐えられた!」なんてことはありません。モンゴルよりも火薬よりも神風よりも恐ろしいのが鎌倉武士団なのです。
戦国時代

織田信長は筆まめだった?意外な優しさが垣間見れる書状

織田信長は実際には優しい人だった?比叡山焼き討ちなど苛烈なイメージの強い信長ですが、書状から見える意外な優しい一面が垣間見えます。冷酷無比なマシーンのようなイメージでも、人となりがわかると一気に人間臭く感じるものです。信長が秀吉の妻である「ねね」に送った意外な手紙についてです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました