鬼も真っ青?大江山の酒呑童子を斬った源頼光と四天王

鬼

どうも、ダルです。

源頼光という武士をご存知でしょうか。日本でも数少ない妖怪バスターとして名高い猛者で、大江山の酒呑童子を斬ったことで有名です。その愛刀は鬼を斬ったことから「童子切」とよばれ天下五剣に数えられることとなります。

今回は鬼を斬った「源頼光」とその家臣である「頼光四天王」の伝説についてです。

スポンサーリンク

源頼光とは何者なのか?

源頼光

まずは「源頼光(みなもとのよりみつ)」がどんな人物かざっくりとご紹介します。

平安時代中期の人物で、丁度武士という身分が起こり始めてきた時代とも言えます。摂関政治で有名な藤原氏がブイブイ言わせていた時代ですね。

そんな中で生まれた頼光さん。身分はそこそこ高く貴族であり武士でした。特の大権力者「藤原道長」と近しく、道長が隆盛を誇るようになると側近的立場であった頼光の地位も向上するという貴族的側面がありました。

とは言っても武勇に優れることで有名で、「朝家の守護」と呼ばれました。※朝家…天皇を中心とした一家を現す言葉で転じて、国のことも意味します。

つまりは国を守る要のような存在でしょうか。恐らく違いますが、今で言うウルトラマンや仮面ライダーということですね。

また頼光は武芸だけでなく、勅撰和歌集に三首もノミネートされるなど文化人的面もありました。多方面に才能があり地位もあって強いあれ?完璧超人?っていう人です。

その強さを見込まれ、大江山夷賊追討の勅命を賜り、頼光四天王らと共に合計6人で丹波国大江山へ向かいます。勅命ということは天皇からの命ですから大きな案件だということが伺えます。

大江山の酒呑童子・茨木童子

鬼と言えばの「酒呑童子(しゅてんどうじ)」「茨木童子(いばらきどうじ)」が住んでいた大江山は、現在の京都府丹後半島にある山とされています。

都で若者や姫君が神隠しにあう事件が続発していたため、安部晴明に占わせたところ大江山に住む鬼の仕業であると判明し、討伐の命が下ったそうな。晴明さん便利。

鬼に近づく秘策と神便鬼毒酒

酒呑童子と四天王

大江山の酒呑童子と源頼光主従 (歌川芳艶 江戸時代)

そうして討伐に向かう道中で、山伏や僧で構成された旅の一向に出会います。

「武士の恰好で行ってもあかん。配下の鬼がわんさかおるのにどないすんねん。なんか、ほら山伏とかなんや変装してから行き。」とごもっともなアドバイスを貰う頼光と四天王たち。

そして、「星兜」「神便鬼毒酒(じんべんきどくしゅ)」というアイテムを授かります。この山伏たちは頼光さんがお参りした神社の神様ご一行だったのです。

この辺りRPGのイベント感が凄いなあって感じます、流石ご先祖様。

神様からのアドバイスとアイテムを携えて、根城を目指す頼光ご一行。大江山に捕まっていた姫の手助けや、山伏姿のおかげでなんとか童子たちに会うことが叶います。

  • 頼光「これね、都でバカ売れのお酒。獺祭とか目じゃないぐらい人気なんすよオススメ。」ジンベンキドクシュ
  • 酒呑「ほんまにぃ?確かにえらいええ匂いするお酒やわ。せやったら今晩は宴にしまひょうかね。」
  • 鬼ABCDE「ウェ――――――イ!!」

まんまとお酒大好きの酒呑童子に神便鬼毒酒を飲ませることに成功します。

源頼光と童子切安綱

盃

神便鬼毒酒はその名の通り鬼をも殺す毒です。本物の鬼殺し。宴で盛り上がっているうちに、その毒で体が痺れやがて鬼たちは眠ってしまいます。チャンスとばかりに変装を解く頼光たち。

その動きを察知して、酒呑童子は目を覚ましますが時すでに遅く、神便鬼毒酒のせいで全く動けません。

そこで「情けなしよと客僧たち、いつわりなしと聞きつるに、鬼神に横道なきものを」と吐き捨てたところで首を刎ねられます。

  • 酒呑「客人たちよ。あんたらの話を信じたのにこの仕打ちかいな。鬼は卑怯なことはせんかったのになあ。」
  • 頼光「いや、悪事働いてきたお前に言われる筋合いはない。」ズバッ

お前が言うなと言ったとか言わなかっただとかで、首を刎ねられたことによりこれが酒呑童子の辞世の句となります。

首を刎ねてもまだ噛みつきにかかってきましたが、行き道に貰った兜のおかげで頼光は無傷で済みます。神社参拝イベントをこなしたおかげで攻略できるって、やっぱりRPG感がある…と感じるのはゲーム脳だからでしょうね。

この時に酒呑童子を討ち取ったのが「童子切安綱」と呼ばれる刀(安綱は刀工の名前)。明治になってから「天下五剣」に数えられ、現在は東京国立博物館に収蔵されており国宝にも指定されています。

なんにせよ、酒呑童子は日本三大妖怪にも数えられるビッグネーム。それを斬ったからにはビッグネームを越えるビッグネームです。

酒呑童子が討たれたことで敵わぬと逃げる茨木童子

酒呑童子が頼光によって退治されていた時、周りでは頼光四天王VS鬼の決戦が行われていました。

四天王としては酒呑童子討伐の邪魔をさせたくない、鬼たちは酒呑童子を助けたいというなんだかどっちが悪者かわからない構図です。

そんな中、茨木童子は四天王の「渡辺綱(わたなべのつな)」と戦っていました。しかし、渡辺綱と戦っているさなかに酒呑童子は討たれ、残りの鬼たちも次々に討ち取られます。

その惨状を見た茨木童子はこれは敵わぬと逃走します。

節分でも渡辺・坂田姓は豆まきしない?

茨木童子と渡辺綱

渡辺綱に腕を斬られる茨木童子

テレビでもちょくちょく取り上げられるトリビア的な話として、″渡辺姓の人は節分に豆をまく必要がない″というものがあります。これも源頼光及び四天王が大きく関わる話です。

源頼光配下の頼光四天王の中でも、特に有名なのが「渡辺綱(わたなべのつな)」です。

大阪の中之島に今でもある渡辺橋からとって、渡辺と名乗るようになった言わば渡辺の開祖となる人物。先祖は源氏物語の光源氏のモデルになっただとかで渡辺綱も美男子だったそう。

酒呑童子が討ち取られたことで逃走した茨木童子ですが、これに懲りず渡辺綱を強襲します。しかし屈強な渡辺綱は逆に茨木童子の腕を切り落としてしまいました。

このことから鬼たちは渡辺綱を恐れ、渡辺姓の者に手出ししなくなったと言われます。

鬼に害される心配のない渡辺さん。なので必然的に豆をまく意味がないというわけです。だから豆まきをしたことがない人もいるのだそう。福は内はしないの?と思いますが…どうなんでしょう。

そして坂田さん。頼光四天王が一人「坂田金時」はまさかり担いだ金太郎さんのことです。熊と戦う超つえーやつみたいな感じでスカウトされたそう。

この金太郎のお話では、最後鬼を討伐することになっています。ですから、坂田金時に改めたのちにも鬼を討伐している坂田姓を鬼が恐れるのも無理ありません。

鬼を討伐した渡辺・坂田姓の子孫を鬼たちは恐れているというわけです。鬼たちにも意外とネットワークがあるんでしょうね、きっと。あいつやべえから近づくなよみたいな。

まとめ

源頼光と四天王

源頼光と四天王(歌川国芳画)

この他にも源頼光は土蜘蛛という妖怪も討伐しており、配下である四天王もそれぞれなんらかの討伐エピソードを持っています。つまり源頼光と四天王は日本屈指の妖怪バスターズというわけです。

土蜘蛛もそうですが、酒呑童子にしても朝廷に従わない人間たちのことなのではとも言われています。大江山は鉱山として栄えていたことから、そういった朝廷に従わない独自の集団を討伐した話なのでは…というわけです。

果たして鬼の正体とはなんだったのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする