スポンサーリンク
漫画

【呪術廻戦】乙骨憂太は本編再登場までミゲルと何をしていた?展開を考察

呪術廻戦0巻の主人公であり、ついに本編に再登場した特級呪術師の乙骨憂太。今まで海外(アフリカ)にいた彼が、どこでどうしていたのでしょうか。里香ちゃんの呼び方が変わっていることや、虎杖の味方になりそうなフラグについてなど、乙骨がどこにいたのか、そして現在の強さ・能力、これからどうなるのかを考察します。
考察

シン・ウルトラマン予告から展開予想!なぜネロンガとガボラなのか考察

突如公開された「シン・ウルトラマン」の特報映像。2021年初夏に放映が決定しました。予告映像では断片的な情報が多く、まだまだわからない部分ばかり。そんな断片的な情報からでも、特撮好きからすると多くの楽しみができました。昭和ウルトラマン好きの私が、予告から感じた楽しみなポイントを3つ紹介します。
趣味

2021年にバズるおすすめインディーズバンド「PEOPLE 1」!謎多き要注目アーティストを先取り

2020年はコロナ禍でなかなかライブやフェスに行けず、悶々とした人も多いでしょう。しかしそんな中でもYOASOBIやEveなどのアーティストが注目を集め、音楽に勇気づけられた人も多いはず。私が2021年バズるに違いない!と思っているネクストブレイクするバンド「PEOPLE 1」を紹介します。まだインディーズながら既に音楽好きから注目を集めているので、今年さらに露出が増えて有名になること間違いなしです。
漫画

【呪術廻戦】虎杖は人工的に作られた宿儺の器?虎杖悠仁呪骸説を考察

偽夏油から「我ながら流石と言うべきか 宿儺の器タフだね」という衝撃の一言がありました。今まで虎杖の出自がわからないこともあり、「何者なのか?」と言われてきましたが、ついに虎杖に何らかの人の手が加わっている可能性が浮上してきました。今回は虎杖は人工的に作られた「宿儺の器」ではないのか?考察します。何一つ掠ってなかったらクアラルンプールに埋めてください。
漫画

アニメ化する「チェンソーマン」が面白い!その魅力を考察

アニメ化すれば人気爆発すること間違いなしのチェンソーマンを紹介。頭のネジがぶっ飛んだ作者が描く、頭のネジがぶっ飛んだキャラたちによる悪魔退治の物語。全11巻で完結するため、一気読みにおすすめの漫画です。
漫画

ワールドトリガーの集団戦が面白い!読み返したくなるSF漫画の魅力

ワールドトリガーは読めば読むほど、読み返したくなるスルメ漫画。公式企画として行われたキャッチコピー募集で『遅効性SF』が大賞に選ばれたほど、物語が進むたびに今までの描写が響いてくる作品です。「あの発言はこういう意味だったのか!」「あの動きにはこんな意図があったの!?」と後から驚いて読み返したくなる。脳内麻薬がドバドバ出るジャンキーな漫画です。そんなワールドトリガーの魅力を、大きく4つ紹介します。
考察

歴史上の偉人の意外な最期|なんでそんな珍しい死に方をしたの?変わった死因

ドラマチックで後世の我々が憧れるような死に方をした偉人もいれば、反対に「え、なんで?」って最期を迎えた人もいます。 この記事では歴史上の偉人の「なんでそんな珍しい死に方をしたの?」という変わった死因を紹介します。
漫画

【呪術廻戦】領域展開に使われている言葉や漢字から込められた意味を考察

呪術廻戦の領域展開。漢字の羅列はただ語感が良くてかっこいいだけではありません。領域展開の言葉・漢字にはキャラ性を色濃く表す意味が込められています。領域展開の名前について、漢字や言葉からその意味を考察してみました。
漫画

【呪術廻戦】偽夏油の正体は特級呪術師?キャラの名前に含まれる植物の花言葉に隠された意味を考察

呪術廻戦のキャラ名に込められた意味を「花言葉」から考察。伏黒の姉「伏黒津美紀」の背景に描かれていた”百合の花言葉”について、わざわざ説明が書かれていました。呪術廻戦のキャラクターの名前に含まれる植物の花言葉が、そのキャラと合致するかを考察すると、偽夏油の正体が朧気に浮かび上がってきました。
漫画

【呪術廻戦】虎杖のイメージソングに隠されたこれからの展開!虎杖の復活と秘密を考察

渋谷事変が発生してからハラハラする展開ばかりで毎週心臓に過負荷がかかっていますが、展開を経るごとにキャラに背負わされた運命のようなものが、作者自身が公言したキャラごとのイメージソング通りになっているなと感じています。この記事では虎杖のイメージソングの歌詞とストーリーとの関連性を考察してみます。
スポンサーリンク
ダルをフォローする
タイトルとURLをコピーしました