【手汗マンが選ぶ】手汗でノートが濡れる人におすすめのノート・ルーズリーフ3選

手汗おすすめノート文房具
スポンサーリンク

どうも、常に文字通り濡れ手に粟状態なダルです。

手汗が多いと紙の扱いに困る方が多いのではないでしょうか。

私は書いているうちに紙が湿って書けなくなったり、紙が反ったり、手と紙がくっついたりと散々な学生生活でした。

社会人になってからもノンストレスでメモを取れずイライラすることが多々あります。

そんな私が選ぶ手汗をかきにくい、おすすめのさらさらノートを紹介します。

スポンサーリンク

【LIHIT LAB.】AQUA DROPs ツイストノート

リヒトラブ ノート
引用:LIHIT LAB.公式サイト

現在私が愛用しているのがこちらのノート。コンパクトで使いやすいのはもちろんながら、紙がさらさらでべとつきにくい!

紙がざらざらしていると余計に手汗が出てしまいますが、このノートを使用し始めてからは比較的抑えられています。

紙質以外にも、リングノートの薄さでありながらルーズリーフのように紙を抜き差しできる点もGood。中途半端なところでノートが終わる心配がありません。

「紙質がよく手汗をかきにくい」、「カバンの中で場所を取らない」、「紙を自由に入れ替えられる」という3点から愛用しているノートです。

【コクヨ】ルーズリーフさらさら書けるタイプ

コクヨのルーズリーフ
引用:ヨドバシカメラ

みなさんお馴染みのコクヨのルーズリーフ。ノート派の方にはなじみがないかもしれませんが、ルーズリーフのさらさらタイプは手汗をかきにくい紙質です。

紙質が違うと手汗のかきにくさが変わるのか!と衝撃を受けた商品。「しっかり」タイプと「さらさら」タイプの2パターンが発売されていますが、手汗を抑えるならさらさらタイプがおすすめです。

【S-CREATE(エス・クリエイト)】noteman

noteman撥水実験

notemanは水をはじく紙で作られたルーズリーフ。撥水効果が高いため、水を吹きかけても染み込まずはじきます。

手汗で紙がふやける人はもちろん、屋外で作業中にメモをとる人にも最適です。

書き心地も普通の紙と変わりなく、鉛筆やペンなどで問題なく書きこむことができます。

【番外編】濡れても書けるsarasura-サラスラ-

こちらはまだ発売前の期待の新星。気が早いかもしれませんが、個人的に楽しみな商品のため紹介させていただきます。

sarasuraは発案者の福士さん自身の手汗に悩まされる経験から、水に強い素材を使ったノートを作ろうという意欲作です。

水に強い耐水ノート【sarasura】サラスラ

映像でもわかるように、水をかけても難なく鉛筆で書けています。それどころか紙が吸水している様子もありません。

鉛筆であれば水中でも書けるそうです。これだけの水をかけて問題なく書けるのであれば、どれだけ手汗が多くても安心でしょう。

私が学生だった時にこれが欲しかった!ノートだけではなく試験や受験のテスト用紙も全てこの紙にして欲しいぐらいです。

2020年7月現在はまだクラウドファンディングで試作品が作られた段階のため、正式な発売が楽しみですね。

少しでも手汗を和らげて気持ち良く過ごそう

日本皮膚科学会によると、先天的に手汗をかきやすい人は感神経が人よりも興奮しやすいのではと言われているものの、詳しい原因は不明です。

治療という手段もありますが、ノートを買い替える方が安く済みます。身の回りのものを見直してみるだけで、ぐっと気持ち良く過ごせるかもしれませんよ。

ダル

オタクが大阪弁丸出しで歴史を中心に好きなものをライトに書いていきます。歴史と音楽が大好きでライブハウスに入り浸る。他にも漫画・アニメ、ゲーム、特撮、食べ歩き、文房具など好きなものが多い。オタクは忙しい。

ダルをフォローする
文房具 趣味
スポンサーリンク
ダルをフォローする
歴ベン!~3年8ヵ月~

コメント

タイトルとURLをコピーしました