>おしゃれなブログを作るならSWELL!有料テーマ徹底レビュー

【呪術廻戦】乙骨憂太は本編再登場までミゲルと何をしていた?展開を考察

呪術廻戦 乙骨

どうも、乙骨憂太ガチ勢のダル里香ちゃんです。

※ジャンプ本誌のネタバレあり

ついに呪術廻戦本編に、呪術界のスパダリこと乙骨憂太が再登場しました。2021年クリスマスには「劇場版 呪術廻戦0」が公開されるので、乙骨の人気はさらに高まるでしょう。

あれだけ死屍累々・阿鼻叫喚になった渋谷事変で「早く助けに来てくれ!」と一部読者から待ち望まれていたにもかかわらず、五条封印・虎杖死刑再宣告という最悪のタイミングでやって来た乙骨先輩。

ダル

「最高に盛り上がるタイミングで登場する」という作者・芥見下々さんの発言通りです

今まで作中では「海外に居る」という断片的な情報しかなかった乙骨ですが、本編再登場まで一体どこでどうしていたのでしょうか。

今回は乙骨がどこにいたのか、そして現在の強さ・能力、これからどうなるのかを考察します。

目次

「乙骨憂太」とは?一般生まれの化け物で最後の特級術師

出典:呪術廻戦0巻表紙より

まずは乙骨憂太が何者なのか?を整理しましょう。乙骨は呪術廻戦の前日譚である読み切り作品「東京都立呪術高等専門学校(呪術廻戦0巻)」の主人公で、数少ない特級術師の一人です。

【記録】乙骨憂太のプロフィール
  • 呪術高専2年生(本編現在)
  • 4人の特級術師の一人
  • 入学時から特級術師
  • 作中では日本三大怨霊の一人、菅原道真の子孫で、五条悟の遠縁
  • 底なしの呪力・無制限の術式模倣が可能
  • 特級呪詛師である夏油が振るう特級呪具「游雲」を食らっても微動だにしない
ダル

関単にプロフィールを挙げただけでも、やばいチート野郎だとわかる実力者です

天才と称される伏黒恵や、相伝の術式を持つ狗巻棘でも入学時は二級でした。更に言えば最強の呪術師である五条悟や夏油傑ですら、特級術師となったのは在学中(恐らく2年生時)なので、入学時から特級術師だった乙骨がいかに規格外かがわかります。

日本最大級の電子コミックサービス「Amebaマンガ」
  • 会員数500万人突破!40万冊超の電子コミックが読める
  • 無料コミックス常時2,000冊以上!
  • 購入するたび支払い金額の1%以上がポイント還元される!
  • 無料試し読みで面白いかチェックしてから購入できる!
新規”無料”会員登録で500円分のポイント&全商品半額クーポン配布中!

乙骨憂太が本編に登場するまでの経歴

【記録】乙骨憂太の経歴
  • 結婚の約束をした幼馴染の祈本里香が「特級過呪怨霊」となり、幼少期から呪われる
  • 死後祈本里香は攻撃的になり、乙骨が家族と離れるきっかけに
  • 祈本里香は、乙骨を傷つけようとする者を自動で攻撃するように
  • 執拗なイジメが原因となり、同級生4名に重傷を負わせる
  • 出自不明の莫大な呪力を持つ特級過呪怨霊に呪われた乙骨憂太の秘匿死刑が決定
  • 五条悟の独断により秘匿死刑の阻止ならびに高専への編入が行われる
  • 祈本里香の圧倒的な存在から、特級術師として入学
  • 交流戦に人数合わせで出場し、圧勝する(東堂が居たにもかかわらず)
  • 特級呪詛師・夏油傑の百鬼夜行においては、単独でこれを撃破
  • 祈本里香の解呪に成功する
  • 百鬼夜行後に特級呪術師でなくなるも、3カ月で再び特級に認定される
  • 宿儺の器・虎杖悠仁の抹殺に向かう(本編)

2021年2月現在わかっている経歴をまとめただけでも、大活躍しているのがわかります。

ダル

0巻未読者でも、東堂が出場している交流戦で圧勝し、特級術師の夏油を単独撃破していると言えば、その凄さが伝わるでしょう

乙骨は無限に思える底なしの呪力量と、制限無しの術式コピーが能力。0巻では狗巻家の呪言をコピーして、大量のムカデ呪霊(渋谷事変後半のものと同じと思われる)を『死ね』の一言で全滅させました。

しかも狗巻と違って反動を呪力で作ったメガホンに押し付けることで、実質ノーリスクで強い言葉を使えます(メガホンが代わりに壊れる)

式神以外に呪力で物を作るのは、本編では禪院真依の「構築術式」のみ。さらっとやってのけることがどれもこれもあり得ないほど高レベルです。

さらには家入さんにしかできない、他人への反転術式での治癒を複数人同時に行えるほど、呪力の微細なコントロールも行えます。

ダル

これを入学したての1年時にやっており、それまで一般人と過ごしてきたとはとても思えないレベルです

他にも特級呪霊の中でも硬い花御ですら大打撃を食らっていた「游雲の一撃」を食らっても微動だにしないなど、防御面においても化け物です。

ダル

游雲は呪力量によって威力が増す特級呪具。特級術師である夏油が使った一撃は相当な威力だったはずです

呪術廻戦キャラから見た乙骨の評価

圧倒的な強さを持つ乙骨ですが、性格は気弱でとても優しい青年です。里香ちゃんが他人を傷つけるのを恐れ、自殺を図ったことも。

また里香ちゃんが周りを傷つけることと、気弱な性格でイジメられていた反動か、極端に友達を大事にする性格夏油に高専の仲間たちが傷つけられた際には、顔つきが変わるほど激怒しています。

とはいえ曲者・変人・クソ野郎の多い呪術界の中では、数少ないまともな人格です。

呪術廻戦作中における乙骨憂太への評価
  • 伏黒:「唯一手放しで尊敬できる人」
  • 五条:「僕に並ぶ術師になる」「僕に何かあったら一、二年のことを頼む」
  • 虎杖:「もし次俺が宿儺に代わったら、迷わず殺してくれ」「先輩ならできると思う」
  • パンダ:「目標のために命かけて頑張っちゃったり、サバサバしてんのかウジウジしてんのかよくわからん」
  • 偽夏油:「そこまで魅力を感じない」「残念だけど乙骨憂太は五条悟にはなれない」

伏黒に唯一手放しで尊敬できる人と言われるほど、人格面は問題ありません。

五条悟からは名指しで「僕と並ぶ術師になる」と言われており、その強さはお墨付きです。わざわざ海外に赴いてまで、自分に何かあったら「今の一、二年のことを頼む」と頼みに行っていることからも、信頼の高さがうかがえます。

ダル

一、二年と言ったのは宿儺を抱える虎杖だけではなく、禪院から目を付けられる伏黒や禪院真希、上層部から狙われやすいパンダも含めてかもしれません

虎杖は自分の処刑に現れた乙骨の強さを直に体感して、乙骨なら宿儺を倒せると思い「もしも」の役目を託しました。宿儺の強さを知っていてもなお頼んだほどなので、乙骨の強さは本物のようです。

またパンダの評価は直接乙骨を名指ししたわけではありませんが、乙骨をイメージしての発言。ウジウジしながらも、里香ちゃん解呪のため命をかけた姿を知っているパンダならではの評価でしょう。

一方、偽夏油は意外にも乙骨には興味なし。

ダル

術式模倣があれば呪霊操術であれ無為転変であれ、自在に使え便利に思えますが…

里香ちゃんの解呪が達成されたことで“縛り”が無くなったと言っています。

ダル

乙骨を見誤っているのでは?と思いますが、それについては後ほど考えたいと思います

\ 乙骨って誰?パンダたちとの関係は?夏油って何者?という疑問が解決する0巻/

乙骨は本編再登場までどこでどうしていた?

乙骨は本編ではずっと海外に居たため、長らくイメージ映像のみでした。

それでは具体的にどこでどうしていたのか?その様子が初めて確認されたのは4巻33話の扉絵です。

乙骨とミゲルがアフリカを歩く

出典:呪術廻戦 4巻33話より

夏油傑の百鬼夜行に参戦し、作者直々にMVPと評された呪詛師ミゲルとアフリカにいる様子が確認されました。

【記録】乙骨に同行する呪詛師ミゲルについて

東京・百鬼夜行にて五条悟と交戦。六眼を持つ五条悟に「面倒くさそうなやつが居る」と評される。夏油傑の命令通り、単独で五条悟を10分以上抑えることに成功。術式を乱す特殊な術式が編み込まれた、黒縄(こくじょう)と呼ばれる呪具を使う。

また最強の肉体を持つ伏黒甚爾ですら傷を負った術式反転『赫』を食らっても、吹っ飛ぶ程度で済む頑丈さも持ち合わせる。

背景にバオバブの樹が映っていることから、恐らくマダガスカルではないかと思われます。

ダル

バオバブは南アフリカ共和国やエチオピア、オーストラリアなどで見られますが、最も有名なのはマダガスカルでしょう

\ ここ!マダガスカ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる